武内陶器店ロゴ 商品紹介 イベント情報 店舗案内 豆知識 お問い合わせ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.02.15 Sunday  | - | - | - | 

くろちく雛人形展

121021_1120~01.jpg
今年も30点以上の 堂々の品揃えで くろちく雛人形展が始まりました。毎年この時期に出会う新作の数々に心踊る日々です。希少な古布を使うため どのお雛様も一点かぎり。また出会うことのできない まさに一期一会のご縁です。繊細な色使いは 現代の染色とはちがう深い味わいがあります。きらびやかではない 落ち着いた品格こそが魅力です。是非 ご来店いただいて じかに見ていただきたいと思います。きっとあなただけのお雛様が見つかるはずです。
2012.10.21 Sunday 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

藍のテーブル

120603_1434~01.jpg
爽やかなはずの5月は 荒れ模様のうちにすぎ、季節はもう夏。店頭のテーブルはシャーベットカラーの展開から 藍の演出に模様替えしました。今回使用したのは コシノヒロコデザインの藍花伝シリーズ。白地に藍が爽やかな26cmの角皿で2940円、小皿は840円です。ガラス器や 竹のテーブルセンターをあわせて涼しい風を演出しましょう。蕎麦皿に使ったり メインプレートにしてお肉料理を供しても素敵。さまざまな使い方で自分らしさを演出してください。
2012.06.03 Sunday 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

今月のはなあかり

120521_1601~01.jpg
5月の空は気まぐれで、暑かったり肌寒かったり。風の強い日も多いですね。でも光が溢れて眩しい季節、新緑の美しさはひときわです。お庭にたくさんの花が咲き乱れているお宅も多いと思います。でも忙しい日常にまぎれて 花を楽しむ余裕のない方もいらっしゃるかも。当店のアートフラワーブランド、『はなあかり』では今月は真っ白なトルコキキョウを入荷。涼やかなアレンジをしています。 アートフラワーとは思えないたおやかな風情です。あなたもお手入れのいらないお花を飾ってみませんか? いつもと違う風があなたの日常にも吹き込むかもしれませんよ。
2012.05.21 Monday 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

ゆずりは工房

110516_1429~01.jpg
今 当店で人気のコーナーに『ゆずりは工房』があります。写真の色はわかりにくいかもしれませんが どれも従来の陶器のイメージと違い、自由な色使いと細かいタッチで描かれた優しい花模様です。ご飯茶碗もマグも、内側にも丁寧に花が描かれています。注文してから納品まで半年くらいかかりますのでいつも品薄状態ですが、今なら今季入荷したばかりなので一番たくさん見て頂けます。夢のようなきれいなお茶碗で優雅にお食事なさいませんか?
2011.05.16 Monday 14:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | 

今尾知子の創作服

110513_1714~01.jpg
前回大変好評で お客様からぜひ夏向きの作品を!と強いご要望がありました 今尾知子先生のお洋服、待望の展示会にこぎつけました。布の質感を生かしたデザイン、脅威のディテールワーク、 着やすくオシャレな作品が揃っています。ハンガーにかけたり たたんだりしてあってもよくわからないのですが、ひとが着るとたちまち素敵な雰囲気が出てきます。ファンの方も多く、洗濯を重ねても風合いがかわらず かえってしっくりとからだに馴染んでくると言われます。ぜひご来店いただいて あなただけの一着に出会ってください。
2011.05.13 Friday 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

no title

110403_1751~01.jpg
東日本の震災以来 どうしても心が沈みがちになる今日この頃。そんなとき あるお客様からたくさん椿を頂きました。心をこめて活けさせていただいたのですが 夕方になって薄桃色の蕾が開いたときびっくり。花心に美しい鳥が見えるではありませんか。よく見れば一枚の花びらが開かずに筒状になっているようなのですが、黒い目もちゃんとついていて薄桃色の嘴をつけた愛らしい鳥に見えます。来店されたお客様方に見ていただき、きっといいことがありますよ と微笑みのおすそ分けをしています。元気は小さなものからもちゃんと受け取れるものですね。
2011.04.04 Monday 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

錫の器

110213_1441~01.jpg
2月10日から 当店ギャラリーで 中村百合恵 錫の器展が始まりました。私にとって錫の作品との出会いは一枚の小皿。楕円形で、お皿の左上側から小さな雫がポツポツと数滴ついているデザインでした。繊細で優美。新しい美しさだと思いました。とにかく作った方にお会いしたくて 大阪まで出かけ、是非にと取り扱いをお願いしたのです。 今回も花生やコンポート、銘々皿やタンブラーなどの器の他にブローチやネックレスといったアクセサリーも多数展示しています。錫の器というと古めかしいイメージを持たれる方も多いと思いますが 予想を美しく裏切るはずです。是非 中村先生の作品に出会って下さい。
2011.02.13 Sunday 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

はなあかりのお正月

101213_1511~01.jpg
今 店内ではクリスマスとお正月が同時進行でさまざまな楽しい商品がいっぱいです。はなあかりのコーナーも小さめでオシャレな作品がラインナップしています。今年のテーマカラーはゴールド。リボンや水引をあしらったかわいい作品が並んでいます。お値段も2500円からとお手頃。ちょっとしたコーナーに飾ってみませんか?
2010.12.13 Monday 15:18 | comments(6) | trackbacks(0) | - | 

春を呼ぶ雛飾り

立春をすぎ 風は冷たいながらもどこからか梅の香りをはこんできます。
春を待つ心はいつの世も同じ。家のなかにも何か春の情緒をかんじさせるものがほしくなってきますね。
今月の21日からの 城下町中津の雛祭りにさきがけて、当店でもたくさんのおひなさまがならんでいます。有田焼、九谷焼、美濃焼など全国各地のさまざまなお雛様が50点あまり勢ぞろいしてみなさまをお待ちしています。
壁に飾れる可愛い陶板や 立てて飾る絵皿、小さいガラスのお箸置き、お雛祭りに楽しい小さなお重箱や梅型の小皿まで 見るだけでも楽しい愛らしいものがたくさんあります。
小さなお嬢様がいらっしゃるお宅はもちろん たまには大人の女性だけの楽しい集まりに季節のいろどりを添えてみてはいかがでしょうか。


2009.02.08 Sunday 16:02 | comments(26) | trackbacks(72) | - | 

くろちく雛人形新作展


今年もくろちくの新作雛人形たちがやってきました。
まだ10月なのにおひなさま?といわれるかたもあるでしょう。でもこの時期に新作展をさせていただくようになって もう十年ほどになります。一番の理由は品揃えの豊富さということです。
古ちりめんの木目込人形は その装束がいのち。一組の内裏雛を作るのにはその一組かぎりの古布が使われます。つまりすべての人形は一点限りのもの。たとえ同じ木型とかしらを使用しても お着物が違うとまるで印象が変わってしまいます。
真夏八月の京都での新作発表の場になにがなんでも朝一番に駆けつけるのは ただひとつの作品を自分の目で見て仕入れたいがためなのです。
毎年 全国に先駆けて当店で展示会をさせていただき 人形たちの旅は始まります。
でもデパートやギャラリーでの展示会でもこれだけの点数をご覧になれることはないでしょう。出ていてもせいぜい10点ほどでしょうか。
今 当店では35点のくろちくのお雛様を見ていただけます。古ちりめんならではの落ち着いた色合い、絶妙の配色で組み合わされた装束の魅力は見るものをとりこにしてしまいます。初節句のお嬢様にはもちろん 最近ではご自分用にとお求め頂くことも増えてまいりました。じっくりとひとつひとつのお雛様を見ていただいて 自分だけの一品を見つけていただけたらと思っております。





2008.10.28 Tuesday 15:37 | comments(1) | trackbacks(20) | 日記 | 
<< | 2 / 4 PAGES | >>